clover

毎日に閃きと幸せと

memory cats

 
Memory
– Susan Boyle
from Musical Cats
Midnight
Not a sound from the pavement
Has the moon lost her memory?
She is smiling alone
In the lamplight
The withered leaves collect
at my feet
And the wind begins to moan

Memory
All alone in the moonlight
I can smile at the old days
I was beautiful then
I remember
The time I knew what happiness was
Let the memory live again

Every street lamp
Seems to beat
a fatalistic warning
Someone mutters
at the street lamp gutters
And soon it will be morning

Daylight
I must wait for the sunrise
I must think of a new life
And
I mustn’t give in
When the dawn comes
Tonight will be a memory too
And a new day will begin

Burnt out ends of smoky days
The stale cold smell of morning
A street lamp dies,
another night is over
Another day is dawning

Touch me
It’s so easy to leave me
All alone with my memory
Of my days in the sun
If you touch me
You’ll understand
what happiness is
Look a new day has begun

 


真夜中 歩道から足音も消え
月も記憶を失ったように独り 微笑んでいる
街灯の下 足元に枯れ葉が吹きだまり
風は嘆き始める すべての街灯が刻む
悲しい運命
誰かがつぶやき 街灯の光は流れ
やがて朝が訪れる

 

思い出よ 月の光を浴びて独り
過ぎ去った日々にほほ笑む あの頃 私は美しかった
幸せをかみしめた あの頃を思って
思い出よ 甦れ

日の光で ひまわりの露は輝き
バラはうつろい 朽ち果てる
ひまわりのように 暁の光に顔を染めて
私は その日を待とう

想い出が 月の光を仰ぎ見れば
思い出の扉は開き あなたを招く
そこに幸せの意味を見いだせば
新しい命は始まる
モリー 月の光を浴びて独り
過ぎし日々にほほ笑む あの頃 私は美しかった
幸せをかみしめた あの頃を思って
思い出よ 甦れ
くすぶる日々の燃えさし
朝の淀んだ冷たい匂い
街灯は消え 夜は終わり
新しい日が明ける
私は日の出を待ちわびる
新しい門出の時 私はあきらめない
夜明けが来れば 今夜は思い出となり
新しい一日が始まる

輝く夏の木漏れ日は
永遠に きらめき続ける
華やかな夜明けが訪れると
思い出は はかなく消える
私に触れて 私を独りにしないで
輝いた日々の 思い出に抱かれて独り
私に触れれば 幸せの意味を知るでしょう
見て 新しい日が 始まるわ